マンションを売却する前の対策

会社の担当の人にアピールすることも大事

配管回りのリフォーム施工に関する見積書や工程表は、不動産会社からも公表でした。
マンション売却するときは、実際に購入して入居する人だけでなく、不動産売買の仲介となる不動産会社の担当者へのアピールも重要です。
最初に検討していたリフォーム内容は必要最小限の範囲でした。
具体的な範囲を決めるには、工務店や不動産会社のアドバイスが重要です。
ただし、これから売却しようとする相手方や、仲介を担当する不動産会社ではなく、第三者的な立場の方々に相談しました。
客観性が重要であり、やはり比較できるかどうかもポイントです。
築年数が30年未満のマンションでしたが、配管の詰まりトラブルが発生した事実があります。
冬には水道管が凍結してしまい、蛇口から水が出てこない日もありました。

内装が整備されている方が価値が上がる⁈ : 会社の担当の人にアピールすることも大事 : 水道管の凍結には特に気を付ける : 早めの購入を検討してもらおう