マンションを売却する前の対策

水道管の凍結には特に気を付ける

シャワーが使用できなくなるのは、マンションの快適度に影響します。
管理組合として、将来的なリフォームやリノベーションの案がありますので、そうした資料もコピーしました。
水道管の凍結対策は、断熱性能が重要課題です。
東京は一年を通じて温暖な気候ですが、二月ごろに氷点下の気温になってしまう場合があります。
地中の水道管や下水管は、地熱の影響で凍結するのは極めて稀ですが、地上に施工される部分に関しては気温の影響を受けやすいのがポイントです。
具体的には、居住スペースの壁材の内部の水道管が、壁材の温度低下に伴って冷温となり、氷点下に達したときに凍結しました。
水道管の破損トラブルは、階下への影響が懸念されるので、すでに断熱材を施工しておきました。
断熱材の劣化が心配なので、リフォームを検討しました。
内装は壁紙を一新するだけで、あたかも新築同様の住み心地に仕上がります。
古い壁紙には、衛生害虫のシミが原因の悪臭も吸収されています。

内装が整備されている方が価値が上がる⁈ : 会社の担当の人にアピールすることも大事 : 水道管の凍結には特に気を付ける : 早めの購入を検討してもらおう